MENU

2020.11.12 | 展覧会

三内丸山遺跡センター 深堀隆介監修「金魚美抄2020」巡回展UP

江戸時代から庶民に愛され続けてきた金魚。
浮世絵にも登場するなど、古くから絵画や陶芸などにも描かれます。
それは現代でも同じ。
金魚を愛してやまないアーティストが思い思いに描き創造する金魚アート約200点を一堂に展示。
これまでにない規模の金魚アート展が始まります。

「金魚美抄2020」

青森展
会期:2020年11月28日(土)〜2021年1月11日(月・祝)
時間:9:00〜17:00
会場:三内丸山遺跡センター
   青森市三内丸山305
主催:TTHAグループ(東奥日報社、東奥日報サービス、日立ビルシステム、青森設備工業)
料金:一般・大学生1,000円(800円)、小学~高校生600円(500円)、ペア1,500円(前売のみ)
※( )は前売りおよび20人以上の団体料金
※未就学児は無料
※常設展は別料金
※障がい者手帳をお持ちの方は当日手帳等提示でご本人及び付添いお一人まで当日料金の半額となります。

新型コロナウイルス感染拡大防止についてのお願い
■体調のすぐれない方、風邪症状(咳や発熱など)のある方のご入場はご遠慮ください。ご入場の際に係員が検温させていただく場合がございます。
■ご入場の際はマスクの着用をお願いします。マスクを着用されていない方のご入場をお断りする場合もございます。
■ご入場の際は、入口に設置の消毒液で手指の消毒をお願いいたします。
■鑑賞時はソーシャルディスタンスにご配慮ください。
■混雑時は入場制限をする場合もございます。 
■そのほか、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策に努めて参ります。

★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休館や変更する場合がございます。ご了承願います。
お問い合わせ:東奥日報社事業部
〒030-0801 青森市新町2丁目2-11
TEL 017-718-1135(平日9:00~17:00)