羽田空港 ディスカバリー・ミュージアム内にて金魚酒を販売

羽田空港 国際化にともない、 第2旅客ターミナルビル南本館が、2010年10月13日(水)にオープンいたします。

 日本の空港としては、初めての空港内ミュージアム 『Discovery Museum』 (ディスカバリー ミュージアム)が、南本館3階に誕生します。

 

この美術館は、細川忠興など、細川家700年の歴史を持つ至宝の数々を管理する「永青文庫」の常設展として開設されます。

日本の美と向きあい、過去の偉人たちと対話を楽しむ空間をお楽しみいただけます。

ラウンジ風にソファを数多く配置させて美術品と対面する形で、ゆったりと美術を鑑賞できるよう考えられているそうです。

とても、贅沢に美術品を観覧できるのが魅力のミュージアムです。

 

この度、館内に併設される、ミュージアムショップにて、深堀隆介の作品:金魚酒・短冊絵、また商品:本染め手ぬぐい・ポストカードが、販売されます。

金魚酒は、個展時に売るものとは少し違い、一般向けに少しだけリーズナブルなものを販売する予定です。 

また、一緒に2004年作の風呂桶作品 "百済" と、2009年作の寿司桶作品 和金 と 水草 の樹脂作品3点が、期間限定で展示されます。(こちらは非売品です)

 

羽田空港から旅立つ前、また、旅からお帰りの際に、少しできた待ち時間を楽しく過ごせる 新しい美術館です。

この機会に是非、お立ち寄りください。